柔軟性のある働き方を可能にしてくれる東京のバーチャルオフィス

サイトマップ

virtual office

東京のバーチャルオフィス利用で大幅コスト削減を実現

綺麗な会議室

従来は、事業を行うには自社専用のオフィスを借りるのが当然でした。最近、特に東京を含む首都圏においては、これに代わる新しいオフィス活用方法として、シェアオフィス、レンタルオフィス、バーチャルオフィスなど、色々なタイプのオフィスサービスが展開されています。
中でも、際立ってラジカルなスタイルのオフィスが「バーチャルオフィス」でしょう。オフィスを借りると聞けば、誰でも、言葉通り、「オフィス」という物件を借りることを想像します。ところが、バーチャルオフィスの場合は、オフィスを物理的に借りる代わりに、バーチャルに借りる、即ち、東京にあるオフィスの住所と電話番号だけをレンタルすることが出来るのです。
こうした特殊なオフィスサービスが盛んになってきた背景には、様々な事情が絡んでいます。働き方改革が推進される中、起業ブームが続いています。その一方、東京の事業用物件で妥当な賃料で借りられるものは少ないです。そこで、オフィスを借りたい人達のニーズの違いに応じて、格安で利用できるオフィスが増えてきました。その中で、実際のオフィス貸しを伴わないバーチャルオフィスは、利用料が最も安いタイプのオフィスサービスです。
バーチャルオフィスをオフィス選びの選択肢に入れることで、大幅なコスト削減が可能になるかもしれませんよ。

東京のバーチャルオフィスがソリューションになる場合

東京でオフィスを借りたいけど、高いオフィス賃料のことを考えると二の足を踏んでしまう。そんな場合は、バーチャルオフィスを利用するのが解決策になるかもしれません。
バーチャルオフィスと契約すると、東京の有名どころの住所とビジネス用に使える東京03発信の固定電話番号をレンタルすることができます。ただし、オフィス現物を借りるわけではないので、他のオフィスレンタルに比べると非常に安価で済む点が大きなメリットです。
バーチャルオフィスが最適な選択肢か否かは、オフィスを借りたいという希望について、詳細までよく検討してみることで判断できます。オフィスという業務用スペースが、本当に必要なのでしょうか。それとも、仕事は自宅で十分できるが、対外的に事業主としての信頼性をアップさせるために、事業所住所と電話番号が必要なだけでしょうか。後者の場合なら、バーチャルオフィスがそのニーズに完全にマッチすることになります。
オフィスにあまり高額の資金を投入する余裕がないのなら、ここでの選択は非常に重要な分かれ道になります。オフィススペースを必要とするかしないか微妙なところであれば、オフィスなしで出来るように仕事のやり方を工夫してバーチャルオフィスを選択する方が、大きくコストダウン出来るので好都合かもしれません。

ワーキングスペース不要ならバーチャルオフィスを選択しよう

近年、東京では、オフィスの在り方が多様化しています。オフィスを借りると一口に言っても、自社用の占有オフィスを借りるという従来からある方法の他に、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、コワーキングスペースなど、オフィスを使う目的や必要性の違いに応じて、何種類かの異なるオフィス形態から最適なものを選ぶことが出来ます。この際、気を付ける必要があるのは、それぞれのオフィスの特徴を混同しないことです。どのオフィスで何ができて何ができないのか。それをしっかり把握してオフィス選択をしましょう。
こうした様々な形態のオフィスの中でも、かなり特殊なものがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスと他の形態のオフィスとの大きな違いは、バーチャルオフィスの契約には、実際のワーキングスペースのレンタルは含まれていない点です。バーチャルオフィスの利用が適しているのは、東京でオフィスという特別なスペースを仕事のために借りる必要はなく、業務上、東京の住所と固定電話番号を借りられれば十分という場合です。
バーチャルオフィスと他のオフィスとでは利用料にかなりの差があるため、契約の際に間違わないように注意しましょう。

Topics

Post List